ここから本文です

【鈴鹿8耐】狙うは優勝! 新型 CBR1000RRは軽くてコーナーが楽しい…山口辰也

7/3(月) 11:15配信

レスポンス

『鈴鹿8耐開催目前! “CBR1000RR”スペシャルトークショー』(7月1日、Honda ウェルカムプラザ青山)に出演した山口辰也選手(Honda Dream Racing/TOHO Racing)が、新型『CBR1000RR/SP』を「軽さがあってコーナーがとても楽しいバイクです」と高評価。

[関連写真]

山口選手は全日本ロードレース選手権の最高峰クラスJSB1000に、プライベーターチームからCBR1000RR SP2にて参戦している。

SPが新採用したオートグリッパーについては、シフトアップおよびシフトダウンに伴うクラッチとスロットル操作を不要とすることから「ラクです」とのこと。左手のレバー操作がないことで、ブレーキやサスペンションの動きに集中でき、有利だという。

さらに、シフトダウン時の音が「カッコイイ」と山口選手が言うと、司会の宮城光さん(元ホンダ・ワークスライダー)が「どんな音か、口でやってみてくれますか?」と無茶ぶり。

それには「勘弁してくださいよ」と照れつつも「ブン、ブン」と山口選手が答え、宮城さんが「たぶん、パパパパァーンですよね」と、エンジンサウンドの見事な口マネを披露した。

山口選手は鈴鹿8耐にもCBR1000RRシリーズで参戦。現在、チームメンバーはまだ確定しておらず、7月5日からの走行テストで決定していくとのこと。小山知良選手、岩戸亮介選手、榎戸育寛選手らと山口選手を含め4名から3人に絞り込むオーディション形式とする模様だ。

「タイムだけでなくセットアップを含め、8時間耐久レースを戦えるメンバーで行きたい。若いライダーに経験を積んでもらって、その中で僕も負けないぞっていう感じです」と力を込めた。山口選手の鈴鹿8耐におけるベストフィニッシュは2位が最高。狙うのはもちろん優勝しかない!

「難しいのはわかっていますが、挑戦したいと思います」(山口選手)

《レスポンス 青木タカオ》

最終更新:7/3(月) 11:15
レスポンス