ここから本文です

マエケン遠のくローテ復帰 パドレス戦無念KO

7/3(月) 11:45配信

東スポWeb

【カリフォルニア州サンディエゴ2日(日本時間3日)発】ドジャースの前田健太投手(29)は敵地でのパドレス戦に先発し、3回2/3を8安打5失点、1三振2四死球で3連勝はならなかった。初回、先頭打者は右飛に打ち取ったが、2番マーゴーはフルカウントからの6球目、シュート回転して真ん中高めに甘く入った速球を中越えに叩き込まれた。痛恨の先制弾。先発では3試合ぶりの初回失点だ。二死後、4番レンフローに三塁線を破る二塁打され、続くサンチェスのライナーは右翼線を襲ったが、右翼手・プイグが背走して好捕した。

 2回は先頭アイバーに死球を与えると続くアスヘアに右前打。プイグが三塁へ送球する間に打者走者も二塁へ進んだ。8番トーレンスはストレートの四球で無死満塁。9番の投手チャシーンの遊ゴロ併殺打の間に2点目を失った。1番ピレラで切りたいところだったが左中間への適時二塁打され、続くマーゴーにも左中間を破られて4点目を失った。制球が安定せず、甘くなったチェンジアップ、カーブを捉えられた。

 3回は先頭打者に右前打されたが、続く5番サンチェスを一ゴロ併殺打。6番アイバーの強烈なセンター返しのライナーをグラブでキャッチ。守備力の高さを見せた。4回は二死二塁で真ん中に甘く入ったツーシームをピレラに中前へ運ばれ、5失点目。ここで交代を告げられた。

 6月7日(同8日)に先発ローテーションから外れて以降、前田は2度のスポット先発で2勝を挙げた。3度目も白星をマークしてアピールしたいところだったが、無念のKOだ。先発ローテ復帰は遠のいた…。

最終更新:7/3(月) 14:01
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報