ここから本文です

ウルグアイのL・スアレス像が破壊される 「メッシの結婚式に行ってくる」

7/3(月) 16:47配信

ISM

 ウルグアイに建立されている同国代表FWルイス・スアレス(バルセロナ/スペイン)の像が、何者かによって破壊されていたことが分かった。英タブロイド『デイリー・メール』紙(電子版)などが現地時間2日に伝えている。

 L・スアレス像は、ウルグアイ・サルト市内の、人通りの多い街角に建立されたもので、昨年7月にお披露目になったばかりのものである。

 『デイリー・メール』によると、この像は6月30日に被害に遭った。ピッチ上での“ダイブ癖”も指摘されるウルグアイ代表FWだが、その像も、まるでファウルを貰おうとしたかのように、うつ伏せに倒れていたという。

 像はすでに修復作業のために一時撤去されており、跡地には「メッシの結婚式に行ってくる。すぐに戻ってくるよ」とのメモが置かれている。

 なお、現地メディアによれば、像を倒した人物はすでに逮捕されたとのこと。

最終更新:7/3(月) 16:47
ISM

スポーツナビ サッカー情報