ここから本文です

香港経済新聞、上半期ランキング1位は香港国際航空ターミナル拡張計画

7/3(月) 11:28配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 香港経済新聞の2017年上半期ランキング1位は、「香港国際空港第1ターミナルが大規模拡張計画 2020年末の完了目指し」の記事だった。ランキングは、今年1月1日から6月30日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。(香港経済新聞)

 毎回ランキングの上位に入る航空関係のニュース。香港国際空港は現在、数分に一度の離発着率を誇り、世界の中でも過密ダイヤで運航される空港としても知られる。返還後の98年以降2本の滑走路を使用してきた空港は2024年の完成を目指して現在、第3滑走路の建設を進めていることもあり、ターミナルの拡大化は確実視されていたが、拡張計画に70億香港ドルを投じるという投資規模にも注目が集まった。

 上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

1. 香港国際空港第1ターミナルが大規模拡張計画 2020年末の完了目指し(6/29)

2. 香港・茘枝角に「クレイジーカー」専用スペース併設のレストラン(1/11)

3. 香港プレミアリーグの中村俊輔選手、サッカーと会計士二足のわらじ(3/26)

4. 香港・尖沙咀に牛たん料理専門店「牛たん大輔」 タンの芯の部分使う(6/22)

5. イタリア企業が香港に高級ブランドアウトレット 狙いは中国本土人か(2/27)

6. カイタック空港跡地の巨大スポーツ施設、立法会通過し建設本格化へ(6/12)

7. 香港政府、2018年の祝日発表 旧正月は2月中旬、クリスマスに大型休暇取得か(5/8)

8. 卓球新リーグ「T2 APAC」にリオ五輪銅メダルリスト水谷隼選手も参戦へ(3/2)

9. 予約が取れない店「賛否両論」、香港に初出店 銅鑼湾一等地で勝負 (3/19)

10. 香港・大埔に水上アスレチック「水上楽園」 湖上に12のアトラクション(6/5)

 香港の街の移り変わりをキャッチしようという需要が大きいことから、香港国際空港に関わるニュースだけでなく、イタリア企業によるアウトレット進出、巨大スポーツ施設案議会通過など、建設関係のニュースもランキングに入った。エンターテインメントが少ないといわれる中、クレイジーカーや水のアトラクションの情報など香港に居ながら楽しむことができる身近な情報、日系レストラン開店などのニュースへも引き続き関心が高い。

 中国返還20周年を迎えた香港で、街の様子やそれを取り巻くローカルの人の生活のほか、日系媒体とし日本企業の営みにも引き続き焦点を当て、ニュースとして発信していきたい。

みんなの経済新聞ネットワーク