ここから本文です

文大統領の支持率3週ぶりアップ 75.3%=韓国

7/3(月) 11:59配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国世論調査会社のリアルメーターが3日発表した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前週に比べ1.1ポイント高い75.3%で、3週ぶりの上昇に転じた。不支持率は4週連続で上がっていたが、今回は17.3%と1.3ポイント下がった。

 調査は6月26~30日、全国の有権者2520人を対象に実施された。

 リアルメーターは文大統領の支持率上昇の要因として、就任後初の韓米首脳会談など訪米関連の報道が多かったことや、一般市民の通行が制限されていた青瓦台(大統領府)前の通りが半世紀ぶりに全面開放されたことを挙げた。その半面、一部の長官(閣僚級)候補を巡る疑惑や否定的な報道が支持率上昇の重しになったと説明した。

 政党支持率は、進歩(革新)系与党「共に民主党」が53.3%で、前週から0.3ポイント下がったものの7週連続で50%台前半を維持している。

 保守系最大野党の「自由韓国党」は1.4%上昇の15.9%と、8週ぶりに15%台に回復した。革新系の少数党「正義党」は前週と同じ6.3%、保守系「正しい政党」は0.2%下がり6.0%だった。

 一方、中道系「国民の党」は1.2ポイント下落し5.1%となった。2016年2月の旗揚げ後、最低の支持率。同党の女性党員が先週、大統領選(5月9日投開票)で対立候補だった文大統領の息子の就職を巡る特別待遇疑惑に絡み、資料を捏造(ねつぞう)した疑いで逮捕されている。

最終更新:7/3(月) 15:08
聯合ニュース