ここから本文です

あれから5年!ほしのあき、童顔セクシードールのレアキャラ感とは?

7/3(月) 12:38配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

モデル×グラビアなど二刀流で活躍する「モグラ女子」が人気を集めている。馬場ふみか(22)、泉里香(28)を筆頭に、女性も憧れるオシャレさを保ちつつ、惜しげなく見事なボディラインを披露する「モグラ」たちは男女問わず憧れの的だ。そんな「モグラ女子」の先駆け的存在といえるのが、伝説のグラドルほしのあき(40)。

【詳細】他の写真はこちら

2012年以降活動を停止している「専業主婦状態」にもかかわらず、ひとたびタレントのブログに写り込めばニュースサイトのトップページを飾り、その若さと美しさを讃えるスレッドがたつ「超レアキャラ」美女だ。

◆神田うのとティーン雑誌に出ていた過去
ほしのあきはもともと、ティーンズファッション雑誌『プチセブン』(小学館)の専属モデルで、神田うの(42)やSHIHO(41)らと共に、誌面を飾っていた。当時はまだ、グラビアアイドルとファッションモデルの壁が厚い時代。男性向け雑誌で水着になるファッションモデルがいたとしても、単発であることが多かった。

◆ファッションモデルとグラドルの違いって?
ファッションモデルをスカウトする時には「顔より胸より骨を見る」とは、よく言われることだ。アイドル的な親しみやすい笑顔や大きな胸は「肉」で構成されており、柔らかい。柔らかいものは、少しの加齢でたやすく変化する。だからこそ、旬の果実のような「若さ」で異性を引きつける。モデル専門の事務所が好むのは、バービー人形のような骨格を持つマネキン的な女性だ。少女たちが憧れる「服」を、キレイにひっかけることができる「細長い手脚と小さな頭」が重視される。そんな「美しい骨」に「美しい肉」を乗せたハイブリッドな存在が、モグラであり、ほしのあきだ。

◆伝説のセクシードールの登場
もともと、洋服という布をキレイに纏う整った土台を持っていたほしのあき。しかも、同性の審美眼は異性のそれより厳しい。ポージングや体作りに関しても、「若く色っぽい」ボディを単純に見せればいいわけではなく、ある程度の努力が要求される。そんな土台に大きな胸とふっくらした童顔がトッピングされ、水着に着替えた時、最強のセクシードールが完成した。

◆ロリエロ隊長と呼ばれた20代半ば
「ロリエロ隊長」としてトップグラドルに躍り出た時は、すでに20代半ば。最年長レベルの年齢なのに「ロリ顔」。いかがわしいほど過激な衣装なのに、オシャレなピンナップガールのような完成度。ギャップから生まれる不思議な魅力で、男女問わず魅了し「ファッションモデルのグラビアはイイ!」というムードが一気に広まった。

◆一回り年下の天才と結婚し出産
その後の快進撃はもはや伝説となっている。どんどん過激な衣装に挑戦する出し惜しみしない姿勢は「どんな服でもキュートに着こなせる!」という自信に裏付けされているようで、事実、下品になりがちなコスプレですら、清潔感が感じられた。30歳を超えても、若手のグラビアアイドルから「下がつかえている」と苦情がでるほどの安定感を誇っていたほしの。何歳までかわいく水着になり続けるのか空恐ろしいほどだったが、2011年、34歳でひとまわり年下の天才騎手、三浦皇成(当時21)と結婚。2012年には第一子となる女児を出産した。

◆好事魔多し? ペニオク事件で活動自粛
当時、ネット掲示板では、2人の年齢差を揶揄するように「今はいいけど5年後10年後はババアだろう」、「三浦皇成は天才だから、子ども生んだら、もう離婚しても食いっぱぐれない」といった趣旨の、心無い書き込みが飛び交った。さらに、彼女を引退に追い込んだ「詐欺オークション事件」が勃発する。故意ではないものの、実質的に、詐欺オークションサイトをブログで宣伝してしまうという不祥事を起こしたほしのは、活動自粛に追い込まれる。

◆吉川ひなのと並んでもかわいい近影
結果ほしのあきは、専業主婦状態で、ごくたまに、ギャル曽根(31)や、小倉優子(33)らママ友のブログに顔を出す。半ば一般人にもかかわらず、その美貌は衰えず愛らしいママの顔。直近では、2017年5月9日に吉川ひなの(37)のInstagramに登場している。ママモデルの中でもトップクラスの美貌を誇る吉川と並んでも見劣りしないラブリーな笑顔に、「40歳とは思えない」とネットは騒然となった。

◆レアキャラとして不思議な人気
いまや、芸能ニュースのライターは、ほしのあきの登場を期待してママ友タレントのブログを巡回する始末。そしていざその顔を見つけると、まるで、『Pokemon GO』でレアキャラでもゲットしたかのように喜び、我先にと記事化する。「出し惜しみしない」ことでトップに上り詰めた伝説のグラドルは、「たまにしか顔を見せない」ことで、忘れられるどころか、独特のレア感を醸し出す不思議な立ち位置を確立した。

◆専業ママが所帯じみない秘訣って
「ひとまわりも年上の嫁をもらったら、5年後10年後はおばさんだ」と言われた「5年後」のほしのは、かわいいままだ。女性タレントが、芸能界を離れ家庭に入ると、所帯じみた雰囲気になりがちだが、半分一般人になりながらもかわいさを保っているほしのを見る限り、その秘訣は「活躍する美人ママの中に身を置く」ことのように思える。

◆どんな友人を持つかは老化に影響する?
ブログから垣間見えるほしのの交友関係は、芸能人以外でも、ファッションブランドのプロデューサーなど、第一線で活躍する華やかな美女揃いだ。一般人が学ぶことがあるとすれば、専業主婦ママであっても狭い世界に閉じこもらず、「活躍していて美しい」と思える友人・知人と親しく交流することではないだろうか。そうすることで、身の回りの風通しがよくなり、情報力もグンと増えて緊張感を保つことができそうだ。