ここから本文です

【ボクシング】世界王者・久保隼の愛車は“ママチャリ” 9・3のV1戦「楽しみたい」

7/3(月) 14:19配信

東スポWeb

 ボクシングの真正ジムは3日、同ジム所属のWBA世界スーパーバンタム級王者、久保隼(27)が9月3日に島津アリーナ京都で、同級2位のダニエル・ローマン(27=米国)を相手に初防衛戦を行うことを発表した。

 久保は京都市西京区出身で、南京都(現京都広学館)高校卒業ということもあり、今回は凱旋試合となる。

 今年4月の世界初挑戦で、王者のネオマール・セルメニョ(37=ベネズエラ)が10回までの採点で勝っていたにもかかわらず、11回開始直後に棄権するTKO勝ちで王座を獲得。この時は「試合までにいろいろなことがあると思うけど、それを“楽しむ”という気持ちでやったのがよかった」と振り返る。

 ボクシング以外のことに対する欲がなく、世界王者となった今もジムの寮暮らしで、部屋はテレビもない。

 愛車も“ママチャリ”というストイックなチャンプは「今回も同じように楽しむことができたら」と、独特の言い回しでV1戦への抱負を語った。

 またこの日は8月27日に熊本・しろやまスカイドームでWBO世界ミニマム級王者の福原辰弥(28=本田フィットネス)に挑む同級1位の山中竜也(22=真正)も会見し「世界王者になることが最低の目標。勝って翌週の久保さんにつなげたい」と意気込みを語った。

最終更新:7/3(月) 17:22
東スポWeb