ここから本文です

モラタ関係者がユナイテッド移籍を目指してレアル・マドリーと交渉、問題は移籍金額か

7/3(月) 22:57配信

GOAL

マンチェスター・ユナイテッドが獲得を狙うFWアルバロ・モラタの関係者が、レアル・マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで交渉を行った。スペイン『マルカ』が報じた。

モラタの代理人フアンマ・ロペス氏、その父親アルフォンソ氏は3日にベルナベウを訪れ、ユナイテッド移籍を成立させるための話し合いをレアル・マドリーと行った。

モラタ側はすでにユナイテッドとの交渉で合意しており、あとはクラブ間交渉が合意すれば移籍成立となる。現在の焦点は移籍金額となっており、ユナイテッドが7000万ユーロを支払う用意があるのに対して、レアル・マドリーはモラタの価値を9000万ユーロと見積もっているようだ。

GOAL

最終更新:7/3(月) 22:57
GOAL