ここから本文です

新車登録台数、5年ぶりの180万台突破 2017年上半期

7/3(月) 16:21配信

レスポンス

日本自動車販売協会連合会は7月3日、6月および2017年上半期(1月~6月)の新車販売台数(軽を除く)を発表した。

[関連写真]

●トヨタや日産好調で11か月連続プラス 6月

6月の新車販売台数は、前年同月比9.7%増の31万5744台で11か月連続のプラスとなった。

車種別では乗用車が同10.3%増の27万4000台で11か月連続プラス。このうち、普通乗用車が同6.0%増の14万3427台で15か月連続プラス、小型乗用車が同15.6%増の13万0573台で8か月連続プラスだった。

貨物車は同5.6%増の4万0504台で8か月連続プラス。うち、普通貨物車が同2.4%減の1万4974台で3か月連続のマイナス、小型貨物車は同10.9%増の2万5530台で7か月連続プラスだった。

バスは同12.8%増の1240台で5か月連続プラスだった。

ブランド別では、3万5815台(12.3%増)を販売した日産が2か月連続で2位の座をキープ。ホンダは3万2988台(2.8%減)と若干数字を落とした。首位トヨタは15万1920台(11.9%増)と好調を維持している。

そのほか乗用車ブランドでは、スバル、マツダ、三菱、ダイハツがプラス。スズキ、レクサスはマイナスだった。

1位:トヨタ 15万1920台(11.9%増)
2位:日産 3万5815台(12.3%増)
3位:ホンダ 3万2988台(2.8%減)
4位:スバル 1万3140台(48.1%増)
5位:マツダ 1万2905台(23.2%増)
6位:スズキ 9841台(2.1%減)
7位:いすゞ 6407台(2.2%減)
8位:日野 5526台(4.0%減)
9位:三菱ふそう 4286台(12.5%減)
10位:三菱自動車 3517台(41.7%増)
11位:レクサス 3006台(34.0%減)
12位:ダイハツ 2997台(510.4%増)
13位:UDトラックス 1166台(12.8%増)

●10.1%増の180万8250台で2年連続プラス 2017年上半期

2017年上半期の新車登録台数は前年同期比10.1%増の180万8250台となり、2年連続で前年を上回った。180万台突破は2012年上半期以来、5年ぶり。

車種別では乗用車が同10.9%増の157万7817台で2年連続プラス。このうち、普通乗用車は同7.7%増の82万6422台で2年連続プラス、小型乗用車が同14.5%増の75万1395台で3年ぶりのプラスとなった。

貨物車は同5.4%増の22万2041台で2年ぶりのプラス。このうち、普通貨物車が同4.2%増の8万7898台、小型貨物車が同6.3%増の13万4143台、ともに2年ぶりのプラスとなった。

バスは同5.6%増の8392台で、4年連続のプラスとなった。

ブランド別では、前年同期比21.5%増の24万5853台を販売した日産が3年連続で2位の座をキープ。ホンダも20万0080台(0.7%増)と順調だったが、日産に4万台以上の差をつけられた。首位トヨタは82万8572台(11.4%増)で2年連続のプラスだった。

そのほか乗用車ブランドでは、マツダ、スバル、スズキ、ダイハツがプラス。三菱、レクサスはマイナスだった。

1位:トヨタ 82万8572台(11.4%増)
2位:日産 24万5853台(21.5%増)
3位:ホンダ 20万0080台(0.7%増)
4位:マツダ 9万0415台(4.4%増)
5位:スバル 7万7910台(25.2%増)
6位:スズキ 5万9902台(10.1%増)
7位:いすゞ 4万0957台(9.8%増)
8位:日野 3万3507台(7.5%増)
9位:レクサス 2万2021台(22.5%減)
10位:三菱ふそう 2万1353台(5.9%減)
11位:三菱自動車 1万9587台(10.7%減)
12位:ダイハツ 1万1384台(459.7%増)
13位:UDトラックス 5141台(1.6%増)

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7/3(月) 16:21
レスポンス