ここから本文です

総務省、ランサムウェア「Petya」に注意喚起 海外で大規模な被害

7/3(月) 12:11配信

ITmedia NEWS

 総務省は6月30日、欧州を中心に、「Petya」(ペトヤ/ペチャ)と呼ばれるランサムウェアにる大規模な被害が発生しているとし、注意を呼び掛けた。

 ベルギーやドイツ、ウクライナなど計65カ国で、大規模なマルウェア感染が発生。ウクライナでチェルノブイリの放射線モニタシステムや地下鉄、銀行などに影響が及んだという。

 ラムサムウェアは2016年に出現したランサムウェア「Petya」に似ているものの、さらに高度な機能を持っているとされ、「NotPetya」「Petrwrap」「GoldenEye」などの名称で呼ばれている。

 感染を防ぐため総務省は、ソフトウェアを更新して脆弱性を解消すること、不審なメールの添付ファイルの開封やリンクのクリックをしないこと、ウイルス対策ソフトの導入・更新を行うこと――を呼び掛けている。

最終更新:7/3(月) 12:11
ITmedia NEWS