ここから本文です

【東京キャンピングカーショー2017】超ハイルーフ仕様の8ナンバーキャンピング…ダイレクトカーズ

7/3(月) 17:21配信

レスポンス

車中泊などを始めとしたカスタム『ハイエース』の専門店「ダイレクトカーズ」は、8ナンバーキャンピングの新型モデル『ボンド』を、このショーに合わせて発表・展示した。

[関連写真]

ベースはハイエース ワイドバン スーパーGL。見た目でオリジナルと異なるのが、大きく突き出たルーフだ。ベース車両の天井部分を切って、独自のプレミアムルーフを載せた。これで1800mmの室内高を確保し、常設の2段ベッドを設けることができた(上部の天板を上のスペースに、下部の天板をサイドの家具に収納できる)。2段ベッドの上部に2人、下部に2人が就寝可能で、しかも、それぞれ大人2人がゆったり寝られるという仕様だ。

シートは3列で、様々なアレンジが可能だ。百田雅人代表取締役が説明する。「5ドアの利点を生かし、スライドドアの入口に冷蔵庫を設置したので、外キャン(車外でのキャンピング)も対応できるようになっています。外部に向けて設置できるテーブルもあるので便利ですよ。車内だけでなく、一歩外に出ましょう! とアピールしています」

給排水各10Lのシンクやサブバッテリー、インバーター1500W、電子レンジなどを標準装備。内装はシックなモケット仕様で、もちろん普段使いもできる。

もう1台、注目されていたのが『アルヴェルエース プレミアムラウンジII』。ベースはワイドボディ・スーパーロング・ハイルーフで、あえてサードシートを省くことで広々とした空間をより一層ゆとりを持たせた。回転式の運転席/助手席と組み合わせ、対面対座状態にすることも可能だ。スウェード素材を使って張り替えたトリム、濃淡2色の高級木材を使い分けて仕上げた家具など、高級感あふれるインテリア空間となっている。

女性客に人気があったのは、白を基調とした内装色でエレガントな雰囲気の『ホワイトハウス』。車内で1600mmの高さを確保し、日本製の家具や天井付近のサイド照明など上質感を持たせている。8ナンバー9人乗り。

《レスポンス 嶽宮 三郎》

最終更新:7/3(月) 17:21
レスポンス