ここから本文です

弘経上半期ランキング1位は「自由すぎる書道展」 2位はラーメン研究家の新店 /青森

7/3(月) 12:23配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 弘前経済新聞の今年上半期PV(ページビュー)ランキングは、「自由すぎる」と話題を集めた書道展が1位となった。(弘前経済新聞)

カーブの多さがネットで話題となった津軽岩木スカイライン

 「自由すぎる」書道展は、「北斗百裂拳」や「南斗水鳥拳」といった漫画「北斗の拳」の必殺技を「日本教育書道会」桜風書道教室(青森県藤崎町)の子どもたちが書いた作品を展示したもの。ツイッターを中心にSNSで拡散され、同作を手掛ける漫画家・原哲夫さんの公式ブログにも紹介されるほどの話題となった。

 2位は平川出身でラーメン研究家として知られる石山勇人さんが手掛けるラーメン店「八甲田食堂」を紹介する記事で、3位は岩木山の8合目までを結ぶ有料自動車道「津軽岩木スカイライン」が「カーブが多すぎる」と話題となった記事だった。

 ランキングは今年1月1日から6月30日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位の記事は以下の通り(カッコ内は掲載)。

1. 弘前で「自由すぎる」書道展 「北斗の拳」「残念な体の生き物」などテーマに(3/12)
2. 弘前に地元出身のラーメン研究家・石山勇人さんが初出店 青森発信を目標に(4/3)
3. 青森・岩木山の登山道、カーブの多さがネットで話題に 全長は9.8キロにカーブ69カ所(6/7)
4. 津軽・嘉瀬駅の「キャンバス列車」、香取慎吾さんらが20年ぶりに塗り替え(6/9)
5. 弘前のチャーシュー麺が話題に 常連学生に始めたサービスがきっかけ(4/17)

6. 青森で唯一の女子野球部員、「最後の夏」に挑戦(5/26)
7. 青森・津軽エリアの「スタバ」にご当地限定商品 「津軽びいどろ」とコラボ(4/19)
8. 弘前公園の隠れスポット「ハート型」 今年も花見客の人気に(4/25)
9. 弘前に古民家のアンティーク雑貨店 店主自ら改装手掛ける(6/6)
10. 弘前にカフェ&バー「HYPE」 「型にとらわれない」店づくり(6/22)

 4位以下では、津軽鉄道・嘉瀬駅にあった「キャンパス列車」を香取慎吾さんが20年ぶりに塗り替えた記事や、「スターバックス コーヒー」の津軽エリアのみの地域限定商品「JIMOTO made シリーズ」で「津軽びいどろ」を紹介する記事がランクインした。

 10位以下では、19年ぶりの日本人横綱となった稀勢の里の元付き人でちゃんこ料理店「たかまる」(弘前市品川町)の花田将人さんを紹介する記事が11位にランクインし、13位にはつがる市の畑に現れた「隕石(いんせき)落下」の可能性もある謎の巨大穴を伝える記事などがあった。

 弘前経済新聞では今後も、津軽エリアの広域弘前圏の身近なニュースや話題をいち早く伝えていきたい。

みんなの経済新聞ネットワーク