ここから本文です

インド、サイバー攻撃対策でウィンドウズ10の大幅値引き要請

7/3(月) 12:08配信

ロイター

[ムンバイ 30日 ロイター] - インド政府は米マイクロソフト<MSFT.O>に対して、国内で5000万人を超える同社基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」利用者向けに最新版「ウィンドウズ10」を大幅値引きしてアップグレードできるようにしてほしい、と働き掛けている。ランサムウェア(身代金要求型ウィルス)攻撃への対応を目的とした1回限りの措置という位置づけだ。

同国のサイバーセキュリティー責任者グルシャン・ライ氏は30日のロイターの電話取材で、マイクロソフトの現地法人がこの要望を「原則として受け入れた」と語った。

同社現地法人の広報担当者、また米国本社やアジアの地域統括本部もコメントを拒否している。ただ同社がインド政府の求めに合意した場合、他国からも今後同じような値引きを迫られる可能性がある。

ライ氏はマイクロソフトとの交渉を始めたのはランサムウェア「ワナクライ」が世界的に広がった5月以降で、ワナクライや現在大規模な攻撃を行っている別のマルウェア「NotPetya」は、ウィンドウズの古いバージョンが持つ脆弱性を突いてくると指摘した。

その上で「全国規模で1回限りのアップグレードのための値引きが実施される」と説明し、価格は「現在の4分の1未満」になると確信していると述べた。

最終更新:7/3(月) 12:08
ロイター