ここから本文です

朝ドラ女優の姉・有村藍里 色白美尻にグラビア依頼殺到の声

7/3(月) 16:45配信

東スポWeb

 女優有村架純(24)の姉でタレントの有村藍里(26)が、にわかに注目を集めている。

 藍里は「新井ゆうこ」の芸名で活動していたが、2015年5月の本紙1面報道で架純との姉妹関係が発覚。今年3月に本名の有村藍里に戻して以降、テレビ番組などへの出演を重ねている。

 先月28日に放送されたバラエティー番組「良かれと思って!」(フジテレビ系)では、SNSにアップされている自身の写真について、修整ソフトを「使っている」とあっさりと認めた。

 MCの劇団ひとり(40)から「もし(AVの)オファーが来たら?」と聞かれ、「お金はいらない。それだったらこの世界(芸能界)去る」と断った。

 今月1日には、都内でファースト写真集「i」の発売記念イベントを開催。取材対応は初とあって約50人の報道陣が集結。今後は「バラエティータレントとしてどんどん挑戦していきたい」とキッパリ話し、姉妹共演には「一緒に出られたら幸せ」と願望を口にした。

 翌2日も都内で行われたイベントに登場するなど、積極的に露出しているが、現在は個人事務所所属で、番組出演の調整などマネジメントは自身が担当しているという。いわば“プレーイングマネジャー”だ。この形を取っているのは、ベテラン女優の樹木希林(74)やブログ騒動の渦中にあるタレントの松居一代(60)、“元祖お騒がせタレント”岡本夏生(51)らがいる。

 藍里の武器はT162・B83(Dカップ)・W60・H88の極上ボディー。もっちりとしていて、白く透き通るような美尻は自慢という。

「本人はバラエティー番組志向が強いが、週刊誌側がグラビアのオファーを検討している。架純にはない色気があって、尻フェチに人気が出るかもしれない」と出版関係者は目を輝かせている。

最終更新:7/3(月) 16:45
東スポWeb