ここから本文です

ソフトバンク 首位決戦連勝 楽天とマイナス0・5差 4日にも首位

7/3(月) 9:01配信

デイリースポーツ

 「楽天4-5ソフトバンク」(2日、Koboパーク宮城)

 鮮やかな逆転劇だった。

 ソフトバンクは2点を追う八回。1死一、二塁から柳田の右前適時打で1点差。ここで楽天ベンチは岸から松井裕に交代。八回途中から投入してきた敵の守護神に一丸となって襲い掛かった。

 相手守備の乱れで満塁とし、松田が右前に落とす同点打。さらに中村晃が松井裕の足元を抜く2点中前打。相手の看板投手2人から奪った4点で一気にひっくり返した。

 「みんなが集中して、いい攻撃ができた。よかった。こういう、普段より緊張する厳しい試合を乗り切って勝っていくとチームの力もついてくる」。今季初めて楽天3連戦で勝ち越し、工藤監督も興奮を隠しきれない。

 消化試合数の関係で順位は2位だが、首位とはマイナス0・5ゲーム差。貯金は今季最多の22となり、楽天との勝率差は1分2厘。4日にも首位に立つ可能性が出てきた。