ここから本文です

「少女終末旅行」がテレビアニメ化 2人の少女が荒廃した世界を旅するディストピアファンタジー

7/3(月) 13:42配信

ねとらぼ

 新潮社のWebコミックサイト「くらげバンチ」で連載中のマンガ『少女終末旅行』(つくみず)のテレビアニメ化が決定しました。米ロサンゼルスで開催中の「Anime Expo 2017」で発表されたもの。

【画像】「Anime Expo 2017」での発表の様子

 同作は、人間社会が崩壊し、ほとんどの生き物が姿を消してしまった世界を、ドイツの半装軌車「ケッテンクラート」に乗った少女チトとユーリが旅するディストピアファンタジー。発表に合わせて、荒廃した世界を進む2人の姿が描かれたティーザービジュアルが公開されており、公式サイトや公式Twitterも開設されています。

 監督は尾崎隆晴さん、シリーズ構成は筆安一幸さん、キャラクターデザインは戸田麻衣さん、アニメーション制作はWHITE FOXが務めます。キャストや放送開始時期などは今後明らかになります。

廃墟となった終末世界を流浪する二人の少女チトとユーリ。絶望、不安、混沌・・・・いや、そこにやって来たのは静かなる日常、想像力を揺さぶる発見の旅。耳を澄ませば誰にも聞こえてくる生命の響き。「少女終末旅行」は少女二人が純粋に今を感じ、日常を過ごしていく癒しの物語です。誰もいなくなってしまい、社会や人とのしがらみもなく、そこには終末世界に残されたものの使命感、義務感なども全くない・・・。「あ~なんか温泉入りたい気分。じゃあ、すぐ行こう!気楽にね!」複雑で、騒がしい今の世の中に少し疲れを感じている方は是非、彼女たちの日常を覗き見しながら一緒に旅してみませんか?旅は想像力が掻き立てられます。廃墟に残された過去の欠片から、そこにあった価値あるものが必ず見つかると思います。今まで気づかなかった身近な大切、優しさだって見えてくるかもしれません・・・。まったり、ほっこり、とした安らぎの時間、「少女終末旅行」で描けたらと思います。二人の旅の応援をお願いします。 ―― 尾崎隆晴監督のコメント

(C) つくみず・新潮社/「少女終末旅行」製作委員会

最終更新:7/3(月) 13:42
ねとらぼ