ここから本文です

【兵庫県知事選】“瞬殺”の勝谷誠彦氏 東スポに「連載やらせて」

7/3(月) 16:45配信

東スポWeb

 任期満了に伴う兵庫県知事選挙の投開票が2日行われ、約95万票を獲得した現職の井戸敏三氏(71)が当選し、コラムニストで無所属新人の勝谷誠彦氏(56)は同65万票で敗れ去った。

 勝谷氏は5期目を目指す井戸氏の多選を批判し、高い知名度を武器に選挙戦を戦った。しかし、開票直後の午後8時過ぎに落選確実が報道される“瞬殺”となった。

 約30分後、青いポロシャツにチノパン、トレードマークのサングラスという姿で会見を開いた勝谷氏は「あ~楽しかった! 日本人の生涯賃金の半分くらいのお金を使って17日間楽しませてもらいました」と笑顔で語った。

 井戸氏は自民、公明、民進などの県組織の支援を受けた組織戦を展開。これに勝谷氏は「日本で一番難しい戦いで、自由兵を率いて戦ったチェ・ゲバラの気分ですが、俺は負けちゃいました。多くの人の声援を受けたが、その下に深い深い、暗い暗い地下水脈が流れている。それには及ばないということが分かった」と独特の表現で振り返った。

 圧倒的組織力で再選を果たした井戸陣営への怒りは収まらないようで、「くだらない人生を送ればいい。あのおっさんが兵庫県の看板になって、どうでもいいことを言うと思うと残念」。

 さらに「日本の保守は自分たちの地位を守ることしか考えてないクズやとわかった。保守、死ね!」と吐き捨てた。

 今後の活動については「もう政治活動はしない。テレビの仕事はもう雇ってくれへんと思うけど、そこら辺のヘラヘラしてるコメンテーターより100倍タフだよ。勝谷は一皮も二皮もむけました。各メディアの皆さん、謙虚にやるのでよろしくお願いします」とアピールした。

 風俗ライターの肩書も持つ勝谷氏は本紙連載にも意欲的で、「東スポで連載しましょう。もう何も失うものはないし、(風俗リポを)書くから取材費出してね。『元兵庫県知事候補 夜の街を行く』というタイトルでいく」とぶちまけた。

最終更新:7/3(月) 16:45
東スポWeb