ここから本文です

【グッドウッド2017】レンジローバー・ヴェラール に300馬力の2.0ターボ…コネクト充実

7/3(月) 22:30配信

レスポンス

英国の高級SUVメーカー、ランドローバーは7月1日、英国で開催中の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、『レンジローバー・ヴェラール』の新エンジン搭載車を初公開した。

画像:レンジローバー・ヴェラール

このエンジンは、新世代「インジニウム」の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボの高性能版。インジニウムは、ランドローバーの高出力かつ低燃費の新世代モジュラーエンジンシリーズ。レンジローバー・ヴェラールの2.0リットル直列4気筒ガソリンターボの高出力版では、最大出力300ps、最大トルク40.8kgmと、2.0リットルクラス屈指のパワフルなスペックを獲得した。

この新エンジンには、ツインスクロールターボやセラミックボールベアリング技術を導入し、フリクションを低減。大容量のコンプレッサーホイールの採用により、パフォーマンス向上に効果的な空気の取り込み量を26%引き上げた。0~96km/h加速は5.7秒と、優れた性能を発揮する。

また、充実したコネクテッドシステムも搭載。新開発のコネクテッドシステムは、「Touch Pro Duo」と命名。システムの中核をなすのが、2つの高解像度10インチのタッチスクリーンモニター。あらゆる情報に最もつながる車を目指して開発された。

2つの10インチ高解像度タッチスクリーンを高度に統合させたTouch Pro Duoインフォテインメントシステムは、フルカラーのヘッドアップディスプレイ、インタラクティブドライバーディスプレイと連動。複数の機能を同時に表示・操作することができる。

「InControl Touch Pro Duo」は、デザイン性と高機能を両立したランドローバー独自のインフォテインメントシステム。 豊富な情報とエンターテインメントを提供するこの最新システムは、直感的に操作できる特徴を備えている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7/3(月) 22:30
レスポンス