ここから本文です

「30連勝難しい」林葉直子の10日以上前の予測にネット騒然「予言者かよ」

7/3(月) 11:58配信

デイリースポーツ

 元女流棋士でタレントの林葉直子(49)が、最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)の連勝記録に対し、10日以上前に「三十連勝は難しい」と予想を的中させていたことが、ネットで話題になっている。

【写真】佐々木五段 藤井四段を撃破した作戦とは…

 林葉が自身の公式ブログで、「藤井くんは怪物くん」のタイトルでブログを更新したのは、連勝記録を28に伸ばした6月21日の夜。「将棋の強さはまだまだこれからだろうけど、勝利の女神さまがついてるのねぇ」と記録に感嘆。「藤井君に指導対局してほしいわん」と希望していた。だが連勝記録については「あと何勝続けられるかですが、私は三十連勝は難しいと、おもうな」とつづっていた。

 連勝がストップしてからではなく、その前に「難しい」と発言していたことに、「林葉直子、予言者かよ」「予言、当たった」「あと数回で30というときの予言を的中させたのはすごい。やはり棋士の勘なのかなー」「林葉直子、侮れず」「まさに29連勝でストップでしたね」とネットでは林葉の“予言”に驚きの声が上がった。

 林葉は12歳で女流プロ棋士に。14歳で「女流王将」「女流名人」を獲得。1994年、「インドのサイババのところへ行く」と言い残して失踪。後に中原誠16世名人との長年の泥沼不倫関係が公となり、将棋界を揺るがす大事件となった。タロット占い師の顔も持つ。現在は重度のアルコール性肝硬変のため長期療養中。