ここから本文です

“ポスト長谷川穂積”久保隼9・3初防衛戦 地元京都で強豪ローマンと

7/3(月) 12:11配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ」(9月3日、島津アリーナ京都)

 同級王者の久保隼(27)=真正=が3日、神戸市兵庫区の所属ジムで会見し、9月3日に島津アリーナ京都で、同級2位のダニエル・ローマン(27)=米国=と初防衛戦を行うことを発表した。会見には8月27日に熊本・芦北町民総合センターでWBO世界ミニマム級王者の福原辰弥(28)=本田フィットネス=に挑戦する同級1位・山中竜也(22)=真正=も同席。ダブル勝利を誓った。

 今年4月にネオマール・セルメニョ(ベネズエラ)に11回TKO勝ちして世界初挑戦でベルトを奪取した久保の初防衛戦が決まった。「これからも試合まで言うことは変わらない。いつも通りの調整でいつも通りの試合をするだけです」と心境を語った。相手は今年1月に挑戦者決定戦を制し、現在14連勝中の強豪だが、「相手が誰であれ、僕のやることは変わらない」と自信を見せた。

 京都出身の久保は、南京都高(現・京都広学館)、東洋大でアマチュアキャリアを積み、2013年5月にプロデビュー。戦績は12戦全勝(9KO)。サウスポーのボクサータイプで、真正ジムは昨年12月に引退した元世界3階級王者・長谷川穂積氏の後継者としての活躍を期待している。長谷川氏とは5月に山口県内でこの試合に向けての合宿を行った。「精神的なアドバイスが本当に大きい」。偉大なる先輩から王者としての心構えを学んだ。

 試合は関西テレビで生中継、BSフジで録画中継される。