ここから本文です

烏丸経済新聞の上半期1位は「折田先生像」 京都タワー新施設3本ランク入りも /京都

7/3(月) 15:47配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 烏丸経済新聞の今年の上半期PV(ページビュー)ランキング1位には、京都大学に出現する「折田先生像」の記事が輝いた。(烏丸経済新聞)

写真1位も折田先生関係のもの

 「折田先生」とは同大学前身の一つ、旧制第三高等学校の初代校長の折田彦市で、同校の自由な校風をつくった人物といわれる。元々の折田像に落書きが相次ぎ、像は学内に収納(非公開)。その頃から、同大学の2次試験に合わせてアニメや企業のキャラクターの像が何者かによって設置されるようになった。今年は芸人のコウメ太夫をモチーフにした像だった。

 京都タワービルに4月にオープンした商業施設「京都タワーサンド」(下京区)は、同施設に入った洋菓子店「マールブランシュ」も含め、関連3本がランクイン。3位は、祇園の「八坂倶楽部」(東山区)にできた草間彌生さんの作品を展示する美術館の話題。4位はノーベル賞を受賞した山中弥慎さんがマラソンでサブ3.5(3時間30分切り)を達成したニュースが飛び込んだ。

 ランキングは今年1月1日から6月30日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

1. 京大入試の風物詩「折田先生像」今年も出現 受験生ら迎える(2/25)

2. 京都にスイス発チョコレートブランド「リンツ」旗艦店 量り売りやカフェも(3/2)

3. 祇園に「フォーエバー現代美術館」開館へ 草間彌生さん作品80点を展示(6/9)

4. 京都タワー新施設に「マールブランシュ」オープンへ 「生茶の菓アイスバー」も(4/5)

5. 研究もマラソンも全力 ノーベル賞山中教授、京都マラソンで3時間27分の大記録(2/19)

6. 京都に「200円カレー」原価率研究所が関西初出店 牛すじカレーなど独自メニューも(6/15)

7. 京都の小学6年生の貯金箱がアイデア賞 統合迫る学校の太鼓行事モチーフに(1/27)

8. 京都タワーが開業以来最大の改装 「京都タワーサンド」オープンへ(4/13)

9. 「京都タワーサンド」開業へ フードや土産物など55店、食品サンプル作り体験なども(4/11)

10. 「京都デニム」が新商品「京都の地図」柄トートバッグ 京友禅の技法使う(5/1)

 200円カレーを提供する「原価率研究所西京極店」(右京区)も6月15日配信ながら6位にランクイン。今年3月末に閉校した醒泉小学校の6年生の児童が作った「醒泉太鼓」の貯金箱が貯金箱コンクールで入賞した話題も7位入り。醒泉小学校は淳風小学校と統合し「下京雅小学校」となった。3年後には、醒泉小学校跡地に新校舎が完成する予定だ。

 「京都デニム」(下京区)が手掛けた京都の地図を柄にしたトートバッグも話題を呼んだ。同じ柄を使ったお弁当箱と風呂敷のオリジナルの弁当箱のクラウドファンディングも現在進行中で、残りは25日で87%達成している。

 10位以下では、本がテーマのシェアハウスで行われたブックイベント(12位)、銭湯ファンの女性が老舗銭湯「錦湯」で撮影した写真集「銭湯熟女」(17位)や、50時間の「耐久本屋」(18位)などが続いた。

みんなの経済新聞ネットワーク