ここから本文です

松居一代、テレビ番組での発言が総カットになったと主張 「きっと敵様が…」

7/3(月) 13:39配信

デイリースポーツ

 公式ブログで尾行や失踪について記述し、物議をかもしている女優の松居一代(60)が3日、公式ブログを更新し、テレビ番組での発言が「総カットになった」と主張した。

 松居はこの日午後7時から放送されるフジテレビ系「スカッとジャパン」に出演していることを報告。「大切な・・・私の発言部分は総カットになったようです 昨夜、ご担当者様からメールでご連絡を頂戴しました ショックですね」と主張した。総カット云々の真偽は不明だ。

 松居は「どうしてでしょう・・・きっと敵様が、都合が悪いのでしょう あくまで、推測ですが・・・。仲に入ってくださいましたご担当様も、お辛いお立場でしたね ごめんなさい」と、「敵様」の圧力によるものだと主張している。

 さらに「私は個人事務所です 芸能界では、とてもめずらしく わたし自らが、マネジャーも務めています」と説明し、「大きな事務所はテレビ局様にも圧力をかけられます しかし。。。その反対にわたしのような、松居一代事務所ではやられたい放題です 悪しき計画を立て 黒い交流関係を利用して ひとりの人間を抹殺することがこの、芸能界で出来ることを私は、39年間この世界に身を置いて はじめて知ったのです そうです 黒い膿を知ったのです」と、大手芸能事務所の陰謀論を展開。

 それを「実は…それが恐ろしいノートの存在でわかったのです だから・・・私はノートを握りしめてフィアット君で逃げたのです」と、失踪の理由に挙げ、「どんなに相手がデカくっても私は屈しません」「まさに、自民党と都民ファーストの関係です」と、タイムリーな都議選の話題を織り交ぜ、決意を新たにしていた。