ここから本文です

勸玄くん、無事に歌舞伎座入り…海老蔵「自分のこと最早どうでもよい」

7/3(月) 13:48配信

デイリースポーツ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が3日、公式ブログを更新し、長男・勸玄くん(4)が無事に東京・歌舞伎座入りしたことを報告している。

【写真】植樹イベントに参加した海老蔵と勸玄くん 麻央さんが大切に思っていたイベントだった

 この日、初日を迎えた「七月大歌舞伎」に出演し、初の宙乗りを史上最年少で披露することになっている勸玄くん。稽古も無事成功したが、この日の朝になって「今日出たくない」と言いだし、海老蔵は「もはや、どうしてよいものやら」と頭を抱えていた。

 その後、歌舞伎座に向かう車中で6月22日に34歳の若さで亡くなった海老蔵の妻、勸玄くんの母でフリーアナウンサーの小林麻央さんが選曲した「ジュピター」が流れたことで、落ち着いてきた勸玄くん。

 海老蔵はこの投稿で「なんとか来てくれた」と題し、勸玄くんが歌舞伎座入りする写真を2枚と、微笑を浮かべる自身の写真をアップ。「まことに…自分のこと最早どうでもよいの心境です」と、率直に安堵(あんど)感をつづっている。