ここから本文です

中国・香港債券相互取引、初日の売買高は70.5億元

7/3(月) 20:40配信

ロイター

[香港 3日 ロイター] - 中国外貨取引センター(CFETS)はウェブサイトで、3日に始まった香港と中国本土の間の債券相互取引「債券通(ボンドコネクト)」について、初日の売買高が70億5000万元になったと明らかにした。

債券通を介した投資家による中国債券の買い入れ額は49億元(7億2140万ドル)だった。

取引は香港の中国返還20年に合わせて開始され、まずは海外の投資家が中国本土の債券を売買する「ノースバウンド(北行き)」から始められた。

最終更新:7/17(月) 13:25
ロイター