ここから本文です

SUBARU、「WRX S4」大幅改良モデル発表

7/3(月) 17:47配信

ITmedia ビジネスオンライン

 SUBARUは7月3日、スポーツセダン「WRX S4」を大幅改良し、8月7日に発売すると発表した。足回りのセッティング最適化などで乗り心地などを向上したほか、先進安全技術「アイサイト」を強化した。価格(税込)は336万9600円~373万6800円。

【WRX S4のインテリア】

 サスペンションのダンパーやスプリング、スタビライザーのセッティングを最適化し、パワーステアリングも改良したことで、フラットな乗り心地やステアリングフィールを向上した。ボディ各所に振動騒音対策を施し、上質で高性能な走りを実現しているという。

 エクステリアは、LEDヘッドランプやフロントグリル、フロントバンパーのデザインを刷新。インテリアは各種パネルの質感を向上させ、8インチのナビゲーションにも対応。インパネ中央上部のマルチファンクションディスプレイを5.9インチ大型カラー液晶に変更している。

 同時発表の新型「レヴォーグ」と同様、アイサイトを強化し、アクセルとブレーキに加え、ステアリング制御も行うことで先行車に自動追従する「ツーリングアシスト」を搭載するほか、バック時自動ブレーキシステムなども標準装備した。