ここから本文です

小倉智昭氏、藤井四段の連勝ストップに「どんな強い棋士でも負ける時はある」

7/3(月) 9:41配信

スポーツ報知

 3日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)では、将棋の史上最年少棋士・中学3年生の藤井聡太四段(14)が2日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第30期竜王戦決勝トーナメント2回戦で、後手番の101手で佐々木勇気五段(22)に敗北。昨年12月24日のデビュー戦で加藤一二三九段(77)に勝利して以降、続いていた公式戦連勝記録が「29」でストップしたことを特集した。

 小倉智昭キャスター(70)は藤井四段のプロ初黒星について「どんなに強い棋士でも負ける時はあるんです」とポツリ。「これで佐々木五段の名前を覚えた人も多いのでは」と続けた。

最終更新:7/3(月) 9:41
スポーツ報知