ここから本文です

まとめサイトや知恵袋が引っかからない検索サイト「Nyafoo!」登場 開発者自身にとって使える検索を目指した結果

7/3(月) 23:38配信

ねとらぼ

 ネットで何かの情報を検索しようとすると、多くの場合“まとめサイト”や“Q&Aサイト”が検索結果に表示されてしまいますが、それらのサイトに引っかからない検索サイト「Nyafoo!」が登場しました。

【画像:まとめサイトがないと検索結果はこうなる】

 かわいい馴染みのある語感の「Nyafoo!」は、いわゆる「まとめ」と呼ばれるWeb上の情報を集めたキュレーションサイトや、利用ユーザーによる質問と回答が公開された「Q&Aサイト」などが表示されない仕様になっています。

 開発したのはNyafooJapanさん。開発理由については「Googleがアテにならないときが出てきたため」ということで、自分にとって使える検索サイトを作った結果、上記の「三次情報」サイト群を省くこととなったようです。

 例として「猫」で検索してみたところ、ネット上に無数にあると言われる猫画像は出ず、さらにラベルから“新聞”や“IT関連メディア”を選択することで、猫に関するニュースのみを調べることができました。同様にピンポイントな事柄の情報元を当たる場合に、GoogleやYahoo!とは別の角度で探すことが可能です。

 検索対象とするサイトについて伺ったところ、「結局一次情報を当たると、マスコミや大手ITメディアだったりする」という理由から、大手新聞社と大手IT関連メディアから「自分が参考にするメディアのみに限定」して選定しているとのこと。開発にはオープンソースの「Fess」を使っているため時間をかけず作れたそうですが、運用のコツをつかむまでに1年以上かかったそうです。

 ちなみに検索結果に表示されるWebページ「インデックス」は現在45万を超えたくらいで、こちらは今後も随時拡張される予定です。数については、Fessが検索エンジンとして利用している「Elasticsearch」の限界まで挑戦する予定だとしています。

 「クラウドの低価格化と、オープンソースの発展により、検索システムが自由に作れるようになったのですが、『オレが編集長の検索エンジン』があっても良いかと思います」と語るNyafooJapanさん。検索時に多くのWebサイトがあることに逆に不便を感じる場合、これからは検索サイトを作るという選択肢を考えてみてもいいのかもしれません。

 まずは試しに「Nyafoo!」を使って、いつもと違う検索結果からネットをサーフィンしてみると面白いかも。

最終更新:7/3(月) 23:38
ねとらぼ