ここから本文です

「パワーレンジャー」監督、スーパー戦隊生んだ日本へ感謝「素晴らしいオリジナル」

7/3(月) 20:04配信

映画ナタリー

「パワーレンジャー」のジャパンプレミアが、本日7月3日に東京・両国国技館にて開催され、舞台挨拶に来日キャストや吹替キャストら9名が登壇した。

【写真】左から広瀬アリス、勝地涼、デイカー・モンゴメリー、ナオミ・スコット。(他59枚)

本作は東映のスーパー戦隊シリーズをもとに、全米で放送されている同名テレビシリーズを映画化したもの。

このイベントにはまず、出演者であるデイカー・モンゴメリーとナオミ・スコット、監督のディーン・イズラライトのほか、吹替キャストの勝地涼、広瀬アリス、山里亮太、鈴木達央、古田新太が登場。レッドレンジャー役のモンゴメリーは、先ほど行われたレッドカーペットイベントを振り返り「とっても蒸し暑かった」と笑う。ピンクレンジャー役のスコットは「日本の皆さんとこの映画を分かち合えてうれしく思います」と挨拶した。

吹替版にてレッドレンジャーに声を当てた勝地は、本作のモデルとなった「恐竜戦隊ジュウレンジャー」を小さい頃に観ていたことを明かし「こうして時が経ってレッドに声を当てることができるなんて」と感激した様子。勝地とピンクレンジャー役の広瀬は3月にアメリカ・ロサンゼルスでのワールドプレミアに参加したことから、モンゴメリーに「アメリカに来ていただきありがとう」とお礼を言われる。勝地は「センキュー!」と返し、広瀬は「ワールドプレミアではファンの熱量を感じました。そしてこうして日本プレミアを迎え、たくさんの方に愛されている作品だなあと実感しました」と述べた。

ブラックレンジャー役の吹替を務めた鈴木は、この日に字幕版が上映されることを受け「ぜひ吹替版も観ていただいて、皆さんお得意のSNSで拡散して」とアピール。アルファ5に声を当てた山里は「まさかこの私が(ピースの)綾部(祐二)より先にハリウッドデビューするとは思いませんでした」と笑いを誘う。「忍風戦隊ハリケンジャー/シュシュッとTHE MOVIE」にも出演し、本作では“壁の中の人物”ゾードンに声を当てた古田は「戦隊ファンの皆さんごきげんよう! ハリケンジャーでは宇宙忍猿ヒザールを演じ、今回はハリウッド版ということで“壁”を演っています。人間もしくはレンジャーの役は一生来ないんじゃないかと思っています」と自虐的に話した。

南アフリカ出身のイズラライトは、「私は日本から遠いところで、『パワーレンジャー』を観て育ちました。まさか当時は日本のスーパー戦隊がオリジナルだとは知りませんでした。今、それを作った国でこの映画をお見せすることにワクワクしています」と心境を述べる。さらに「素晴らしいオリジナルを作っていただいたこと、そしてそれを世界に展開してくれたことを、日本に感謝します」と真摯に語った。

ここで、本作の“パワーアンバサダー”を務めるアントニオ猪木がステージへ。レッドカーペットを歩き終えて「レッドカーペットということで、レッドカードをもらわないように。すぐ暴言を吐いてしまいますので、今日は慎重にやりたい」と答える。そして「日本は元気がないということで。この会場から、映画を観ながら元気を発信してもらいたい!」と切り出し、「元気ですかー! 元気があればなんでもできる! ……なんでもできるんですかね?」と観客を沸かせる。続いて猪木がパワーを注入することになり、司会からその相手に指名された山里は「僕、レンジャーじゃないんですけど!」と大慌て。猪木に「パワーレンジャーだから5人分ですね」と脅されつつ、ビンタでパワーを注入されると衝撃で床に倒れ込む。それでも「あと4人分!」と続けようとする猪木を見て、来日キャストたちも笑っていた。

最後にモンゴメリーは山里へ「さっきはみんなを代表していただきありがとうございました」と感謝。そして観客に向けて「今日は字幕版ということで(吹替版キャストの)皆さんの声は聞こえないと思う。なので、ぜひとも吹替版も観てください!」と語りかけ、イベントを締めくくった。

「パワーレンジャー」は7月15日より全国ロードショー。



(c)2016 Lionsgate TM& (c) Toei & SCG P.R.

最終更新:7/3(月) 20:04
映画ナタリー