ここから本文です

小林麻耶 声を震わせて献血者に感謝…麻央さん亡くなった翌日収録のラジオ放送

7/3(月) 18:08配信

デイリースポーツ

 フリーアナウンサーの小林麻耶(37)が3日、FM OSAKA「LOVE in Action」(JFN系 後5・36)に出演した。収録は妹の小林麻央さんが亡くなった翌日の6月23日に行われた。番組関係者が出演を配慮したが、麻耶は、麻央さんが輸血を受けて闘病生活を支えられたことを感謝するために収録に予定通り参加した。献血者に感謝する麻耶の声はずっと震えていた。

【写真】勸玄くん、出番を前に寝ちゃった…海老蔵「おきてくれ、、」

 体調不良で仕事を休んでいた麻耶にとって同番組への出演は久しぶり。番組冒頭では、DJの山本シュウに「ただいまです。会いたかったです」と元気にあいさつした。しかし、山本が収録の数時間前に麻央さんが亡くなったことを告げ、麻耶がマイクに向かうと「数時間前に妹がこの世を旅立ってしまったので正直、悲しいです。悲しいという言葉だけじゃ済まされない感情ってこんなにもあるんだなというのがもちろんあります」と麻央さんが亡くなった直後の心境を表した。

 また、「妹はいつも明るく前向きでした。生きるってことしかなかった。その姿にいつもいつも私は支えてもらって」と姉妹の絆について語った。麻耶はまた、「妹は絶対、おねえちゃん行って来てねって言ってくれると思う。何より妹は献血によって命をつないでもらったんです。あの輸血がなかったら妹は命をつなぐことができなかった。受血者の家族の一人として、この番組に携わるのは私の使命だと思ってるので今日は来ました。声ふるえちゃってごめんなさい」などとリスナーに語りかけた。