ここから本文です

海老蔵、七月歌舞伎初日に決意「この身を粉にして勤める1カ月に」勸玄くんは…

7/3(月) 10:45配信

スポーツ報知

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が3日、自身のブログを更新。東京・東銀座の歌舞伎座でこの日初日を迎える「七月大歌舞伎」(同27日まで)が売り切れ寸前であることを明かし、「この身を粉にして勤める1カ月にしたいです」と決意をつづった。

【写真】市川海老蔵と長男・勸玄くん

 海老蔵は「七月大歌舞伎のチケット 夜の部は最早ほぼなくなってしまいました。カンカンの姿をもっと多くの方に見て頂きたいが親心なのですこし残念でもあります。そして昼の部も、残り2000枚くらいしかなくなってきてるとの事です」と報告。「初日前からこのようになるのも麻央と麗禾と倅のおかげ、そして関わる全ての方のお力です。そしてなによりも心温かい皆さまのお心と…心より感謝いたします」とつづった。

 続けて「ひたすら感謝、つまり私はその気持ちを舞台で表現する。ということになります」とし、「歌舞伎役者というものが歌舞伎役者という職業がどういうものなのか、私に出来ることを これまでの先人 先祖 先輩同輩後輩 そして未来の歌舞伎役者のためにこの身を粉にして勤める1カ月にしたいです」と決意を示した。

 勸玄くんは、夜公演「駄右衛門花御所異聞(だえもんはなのごしょいぶん)」に出演し、史上最年少の宙乗りに挑戦する予定。海老蔵は「カンカンはやはり出たくないと譲りません」としたが、「もはや天命に従おうとおもいます」と開き直っていた。

最終更新:7/3(月) 11:00
スポーツ報知