ここから本文です

【次回注目馬】アピールバイオ休み明けのぶん伸び切れず 叩いた効果で上昇へ

7/3(月) 13:20配信

スポーツ報知

◆アピールバイオ(7月2日、福島9R・雄国沼特別・500万・芝1800メートル=4着)

 外からミッシングリンクがハナを主張したため、2番手に控えた。手応え良く直線に向いたが、伸び切れずに4着。

 木幡巧騎手は「今日は内田さんの馬(ミッシングリンク)が強かった」と素直に逃げ切った勝ち馬をたたえた。直線で失速したことについては「休み明けの分ですね。1回使って良くなると思います」と敗因を語り、叩いた次走に期待を寄せた。安定した先行力は大きな武器。次回は最後までスピードを持続できそうだ。(石野 静香)

最終更新:7/3(月) 13:20
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ