ここから本文です

西野カナ、「レイトン」最新作のテーマ曲は「女の子の応援歌」

7/3(月) 13:44配信

スポーツ報知

 歌手の西野カナ(28)が3日、都内で行われた人気ゲーム「レイトン」シリーズの最新作「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」(20日発売)の完成披露会に出席した。

 同シリーズは、世界累計出荷1600万本突破のアドベンチャーゲーム。英国紳士レイトン教授から主人公をバトンタッチ。「正式続編」として、今作から教授の娘カトリーが怪事件の謎解きをしていく。

 西野はテーマ曲「Girls」(26日発売)を歌唱。「カトリーの芯の強いところ、優しいところをイメージして詞を書きました。女の子の応援歌。皆さん、夢を持っていると思う。負けそうな時、くじけそうな時にこの曲を応援歌として聴いてほしい」と話した。

 カトリーエイルの声を務めた有村架純(24)は「私はまだ(作品に)足を踏み入れたばかり。大きなことは言えないけど、皆さんに愛され続ける作品になるように頑張ります」。

 これまでレイトンの声を務めてきた大泉洋(44)から「親子役ということで残念です。恋人役がいいな」などとビデオメッセージが届くと、「『レイトン』シリーズの親のような存在。言われている言葉に深みはないのかもしれないけど、重みはありました(笑い)」と話し、沸かせた。出演者を代表して謎解きに挑戦し、坂口健太郎(25)の助けを得ながら2問的中させた。

 しゃべる犬・シャーロの声の役所広司(61)は「昔、犬を飼っていた。犬の言葉を作ってずっとしゃべって遊んでいた。懐かしかった」と振り返った。

最終更新:7/3(月) 13:44
スポーツ報知