ここから本文です

【MLB】J.バーランダーが10年ぶり奪三振ゼロ、連続記録は331試合でストップ

7/3(月) 14:02配信

ISM

 デトロイト・タイガースのエース右腕ジャスティン・バーランダー投手が、現地2日のクリーブランド・インディアンス戦で4回途中7失点でノックアウト。2007年5月4日以降で初めてひとつも三振を奪えず、現役最長にして1913年以降では歴代6位タイだった連続奪三振記録が331試合でストップした。

 バーランダーは2回にロニー・チゼンホール外野手に先制2ランを浴びると、3回にはホセ・ラミレス三塁手のソロアーチなどで2失点。4回にも1点を失ったところで降板となり、後続が失点したことでこの日は3回1/3を投げて9安打、3四球、7失点で5敗目(5勝)を喫した。

 調子自体は良かったというバーランダーは、「チゼンホールに打たれたカーブはまず舞ういいボールだったし、ラミレスにやられたスライダーも悪くなかった。脱帽せざるを得ないね」と語っていた。(STATS-AP)

最終更新:7/3(月) 14:02
ISM