ここから本文です

【Bリーグ】北海道、多嶋が契約更改&残留「ハイレベルな地区で成長したかった」

7/4(火) 6:04配信

スポーツ報知

 プロバスケットボールBリーグ1部レバンガ北海道のPG多嶋朝飛(28)が3日、球団事務所で契約更改会見を行った。

 Bリーグ初年度は、主将を務め平均8・8得点、同3・3アシストでB1残留に貢献。今オフは去就が注目されたが、地区分けでB1東地区に川崎、SR渋谷が加入。チャンピオンシップ進出8チーム中、5チームが集中する中「ハイレベルな地区で同位置の田臥さん(勇太、栃木)、富樫(勇樹、千葉)らと勝負し、自分をアピール、成長したかった」と北海道5季目の残留理由を話した。Bリーグ初代王者に輝いた栃木ブレックスは古巣。大活躍した田臥の「どんな緊張場面でも余裕を持ち、視野の広いプレーで、チームの持ち味を引き出していた」司令塔ぶりに、自身の成長のヒントを見いだした。

 17―18年季の主将は未定だが「挑戦者精神を忘れず、プレー面で常に先頭に立つつもり。激戦地区でサプライズを引き起こしたい」と決意を口にした。(小林 聖孝)

最終更新:7/4(火) 6:04
スポーツ報知