ここから本文です

ダルビッシュ、球宴カムバック!3年ぶり4度目「すごく大きな意味がある」

7/4(火) 6:04配信

スポーツ報知

 米大リーグ機構は2日(日本時間3日)、11日(同12日)にフロリダ州マイアミのマーリンズ・パークで行われる第88回オールスター戦の出場メンバーを発表。レンジャーズのダルビッシュ有投手(30)が3年ぶりに選出された。日本人選手の選出も3年ぶりだ。

 ダルビッシュが3年ぶり4度目となるオールスター戦に選ばれた。右肘手術を乗り越え、MLBの推薦により栄誉を勝ち取り「選んでくれた人がいるので、そういう人たちに感謝したい」と素直に喜びを表現した。

 今季は6勝6敗ながら、開幕から1度もローテーションを飛ばすことなく、115奪三振と被打率2割5厘はともにリーグ3位、107投球回、防御率3・11もそろって5位とトップクラスの数字を残してきた。球団数の多いメジャーでは1チーム最低1人は選出される仕組みの中、球団の投手では、完全試合含め通算133勝の左腕ケニー・ロジャースと並ぶ史上最多となる4度目の選出にふさわしい結果となった。

 本人にとっても、過去3度とは違った重みがある。球宴はメジャーデビューした2012年から3年連続で選ばれたものの、15年のオープン戦で右肘の不調を訴え、右肘靱(じん)帯の再建手術を受けた。1年以上戦列から離れ、暗中模索のリハビリを続けて復帰は昨年5月だった。今季の目標の中でローテーションを守りきることとともに、口には出さなかったものの、過去の日本人メジャー、あのイチローでも11年以降果たしていないオールスター戦への復帰だけに、「またこうやって、オールスターに選ばれたということはすごく大きな意味があるし、すごくうれしい」と感慨を込めた。

 今後は4日のRソックス戦に登板後は9日エンゼルス戦が濃厚で、オールスター戦は中1日となるが「僕は(球宴で)投げたいとは(バニスター監督に)言いました。もちろん投げたい」と言い切った。3年前は3者凡退に仕留めた右腕が、今度はどんな投球を見せてくれるのか楽しみだ。

 ◆ダルと米球宴

 ▽12年 34番目の男で当選。延長戦要員として待機もア・リーグが0―8大敗で出番なし。

 ▽13年 選手間投票の先発投手部門4位で選出も、直後に右肩周辺の張りでDL入り。球宴には帯同しただけだった。

 ▽14年 選手間投票の先発投手部門5位で選出。3回に3番手で登板。先頭のプイグを見逃し三振、トロウイツキーには左直。ゴールドシュミットを二直と3者凡退。90キロのカーブに最速は151キロの速球と変幻自在のピッチングだった。

最終更新:7/21(金) 3:42
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 0:05