ここから本文です

【ウィンブルドン】錦織、72分で1回戦を突破!一問一答

7/4(火) 0:04配信

スポーツ報知

◆テニス ウィンブルドン選手権第1日(3日、英ロンドン) ▽男子シングルス1回戦錦織圭(日清食品)3(6―2、6―2、6―0)0マルコ・チェッキナート(イタリア)

 第9シードの錦織が、4大大会自身最短の72分で1回戦を突破した。下部大会も含めてシニアでは芝での試合経験がないチェッキナートを翻弄し、同じく自己最少の失ゲーム4で勝利した。以下、会見での主な一問一答。

 ―試合の感想は

 「最初から最後までいい試合ができた。」

 ―前哨戦のゲリー・ウェバー・オープンでは2回戦で腰を痛めて棄権した。そこからの準備は

 「負傷してから数日オフをとった。100%に戻せるようにしてきた。今は問題ない」

 ―今大会の目標は

 「毎年、優勝することが目標。もちろん第2週にいきたい」

 ―ウィンブルドンへの特別なモチベーションはあるか

 「もちろん。今大会は唯一結果が出ていない4大大会。ここ2年は芝でいいプレーができていると思う。ぜひ結果を出したい。クレー(赤土)コートで試合数をこなしてきて準備が万全とは言えないが、良くはなってきている」

最終更新:7/4(火) 3:43
スポーツ報知