ここから本文です

有村架純 『レイトン』最新作の声優に重圧「難しい」

7/3(月) 12:11配信

オリコン

 女優の有村架純が3日、都内で行われた「レイトン」シリーズ最新作『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』完成披露会に出席。主人公であるカトリーエイル・レイトンの声を担当した有村は、人気シリーズへの参加に「本当に難しかったです。シリーズで途中に参加させていただくと思っていなかったので、土足で足を踏み入れるような思いがあった」と重圧を吐露した。

【写真】有村架純&坂口健太郎が謎解きに挑戦

 有村が演じるのは、これまでのシリーズに登場していたエルシャール・レイトン(声:大泉洋)の娘・カトリーエイル。「最初、私のイメージで声を作っていったら、(レベルファイブ代表取締役社長の)日野(晃博)さんや、演技指導の方のイメージと違っていたみたいで」と苦労も。「現場で一緒に作り上げていただいた」と感謝し、日野氏は「キャラがぴったりでした」と太鼓判を押した。

 そのほか、カトリーの助手ノア・モントール役の坂口健太郎、しゃべる犬シャーロ役の役所広司が出席し、有村とともに謎解きに挑戦した。レイトン教授役の大泉からはビデオメッセージが寄せられ、「有村ちゃん、きみは私の娘でしょ? いよいよ父娘かってことで残念です。恋人役とかがいいな」と個人的な希望もちらつかせた大泉に対して、有村は「シリーズの親のような方なので、言われている言葉にそんなに深みはないのかもしれないけれど、重みはあった」と笑っていた。

 完成披露会にはナゾ開発を担当した岩波邦明氏、歌手の西野カナも出席し、西野はテーマ曲「Girls」(7月26日発売)を熱唱。司会は加藤綾子アナウンサーが務めた。『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』(ニンテンドー3DS/Android/iOS)は、7月20日発売。

最終更新:7/3(月) 12:43
オリコン