ここから本文です

伝説のOVA『フリクリ』新劇場アニメ2作来年公開 the pillowsが主題歌続投

7/3(月) 15:54配信

オリコン

 テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に続くガイナックス(共同制作:Production I.G)の次回作として企画され、2000年から01年にかけて全6巻でリリースされたOVAシリーズ作品「フリクリ」が、新作劇場アニメーション『フリクリ2』『~3』として来年公開されることが2日、明らかになった。米・ロサンゼルスで開催中の『Anime Expo 2017』で発表された。

劇場版『フリクリ』場面カットも公開に

 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』で知られる鶴巻和哉監督の初監督作品であり、国内DVD販売数は累計約25万本という大ヒットを記録した同シリーズ。海外での評価も非常に高く、2003年カナダ・ファンタジア映画祭ではアニメーション部門銅賞を受賞している。鋭いデザインワーク、予測のつかない演出、そして主題歌を担当したバンド・the pillowsに代表されるオルタナティヴ・ロックのメロディーを乗せたダイナミックなアクションシーンの数々は、全世界に大きなインパクトを与えた。

 新作の制作にあたっては、スーパーバイザーを「フリクリ」生みの親・鶴巻和哉氏、キャラクター原案を貞本義行氏が務め、総監督には「踊る大捜査線」シリーズや「PSYCHO-PASS サイコパス」の本広克行氏、脚本には『ラスト・ディナー』の岩井秀人氏を迎える。アニメーション制作はProduction I.Gが、前作に引き続き参加する。

 また、the pillowsが再び主題歌を提供することも決定。メンバーからもコメントが到着し、「今回は『フリクリ』のことを考えて曲を作りました。この話がなければ、僕らの中からは絶対に生まれることのなかった曲。期待以上のものを作れたと思っていますので、楽しみにしてください」(山中さわお/Vo・G)、「16年も経っていますから。他のバンドに取られるのではないかと心を痛めていたところにお話が来て。大きな声で『イェーイ!!』ですね。うれしかったです」(真鍋吉明/G)、「とても手応えを感じています。あとは音楽が映像に乗ったのを観るのが楽しみです」(佐藤シンイチロウ/Dr)、とアニメとの再タッグに喜びを語った。

 同日より、the pillows書き下ろしの主題歌「spiky seeds」が流れるPV第1弾、場面カットも公開となっている。

最終更新:7/3(月) 15:55
オリコン