ここから本文です

ライシーホワイト5人決定 県産米PR

7/3(月) 10:22配信

福島民報

 福島県産米を全国にPRするキャンペーンクルー「2017うつくしまライシーホワイト」の選考会は2日、福島市の杉妻会館で開かれ、33代目となる5人が決まった。
 選ばれたのは片野彩春さん(18)=福島市、福島大1年=、松浦雪乃さん(21)=福島市、福島大3年=、小湊愛巳さん(20)=郡山市出身、日本女子大3年=、堀田沙綾さん(22)=福島市、福島大4年=、渡部史さん(20)=会津若松市出身、会社員=。1年間、県内外のイベントなどで県産米の消費拡大に向けたPR活動を展開する。
 片野さんは「風評払拭(ふっしょく)を目指して活動したい」、松浦さんは「県産米のおいしさを多くの人に知ってほしい」、小湊さんは「古里の魅力を全国に発信したい」、堀田さんは「福島の食を積極的にPRしていく」、渡部さんは「大好きな福島のために頑張る」と抱負を述べた。
 県米消費拡大推進連絡会議の主催、県や福島民報社の後援。45人から応募があり、佐竹浩県農林水産部長や鎌田喜之福島民報社編集局次長らが審査した。

福島民報社

最終更新:7/3(月) 10:57
福島民報

Yahoo!ニュースからのお知らせ