ここから本文です

ポーラ美術館が現代美術の展示スペース新設 豊久将三監修で有機EL照明導入

7/3(月) 18:50配信

CINRA.NET

神奈川・箱根のポーラ美術館が、10月1日から現代美術の展示スペースをオープンする。

【もっと画像を見る(4枚)】

2002年に開館したポーラ美術館。クロード・モネ、ピエール=オーギュスト・ルノワールら印象派の作家をはじめとする美術作品や、工芸作品、化粧道具など、鈴木常司が収集したコレクションを公開している。またポーラ美術振興財団は開館前の1996年から若手芸術家の在外研修助成を行なっている。

開館15周年を機に新設される現代美術の展示スペースは、1階のアトリウムロビーの一部を改築したもの。展示床面積が約56平方メートル、展示壁面積が約70平方メートルのスペースとなる。照明デザインを豊久将三率いるキルトプランニングオフィスが担当している。照明は、現代美術作品で様々な素材や形態が用いられることを想定し、形状に制約がなく面発光することが特徴の有機EL照明パネルを採用。展示室全体に有機EL照明が導入されるのは、日本の美術館・博物館としては初めての試みだという。

CINRA.NET

最終更新:7/3(月) 18:50
CINRA.NET