ここから本文です

斎藤工、セクシーを感じさせる理由は「体へのコンプレックス」 リポーターが分析

7/3(月) 7:00配信

AbemaTIMES

 ゴシップ情報番組『ゴシップジェネレーション』では「イケメン芸能人スペシャル」を特集。芸能リポーターの菊池真由子氏(40)と駒井千佳子氏(51)が、「一度は拝んで欲しい!Sexyすぎるイケメンボディランキング!!」を発表した。

 これまでファッション誌などで公開されたイケメンのセクシーボディをランキング形式で紹介。第5位「山下智久」、第4位「菅田将暉」、第3位「ダルビッシュ有」、第2位「高橋一生」ときて、堂々の第1位は「斎藤工」だった。

 「2012 年 11 月号の『an・an』でフルヌードを披露。当時、斎藤工さんは31歳。斎藤さんは文春でも『原色男子図鑑』という斎藤さんのために作られたコーナーでヌードを出していて。これが本当にハードで、手にあそこを隠して床に転がっている写真とかあったんですけど、プロ意識の高い斎藤さんは『とことんやろう!』 というスタンスで、基本 NGはなくなんでもやる。過激なシーンでお蔵入りとなった写真もたくさんあったそうです。

 ただ、斎藤さんは自分の体が嫌いなのだとか。でもそのコンプレックスが写真に出て、恥じらいながら『この体でいいですか?』というような感じが逆に良い。斎藤さんがゴリゴリのシックスパックとかだったら違うと思う。

 そんな斎藤さんについて、私の注目ポイントは『神ヒップ』。あと唇。マツコさんが斎藤さんのことを『顔が性器』というほどで、インタビューをしていても、口ばっかり見ちゃう」(菊池氏)

(AbemaTV/『ゴシップジェネレーション』より)

最終更新:7/3(月) 7:00
AbemaTIMES