ここから本文です

スバル、WRX S4を大幅改良で走行性能と安全性能が向上

7/3(月) 11:01配信

オートックワン

スバルは、WRX S4を大幅改良して2017年7月3日に発表した。

価格(消費税込)は、2.0GT アイサイト が336万9000円、2.0GT-S アイサイトが373万6000円となり、8月7日に発売される。

スバル 新型WRX S4の写真を見る(画像35枚)

WRX S4は、スバルの走りのフラッグシップで、WRXとしてのスポーツ性能とアイサイトをはじめとする最先端の安全性能を兼ね備えた、スバルが誇るハイパフォーマンススポーツセダンである。

今回の改良では、サスペンションのダンパーやスプリング、スタビライザーのセッティング最適化と電動パワーステアリングの刷新を行い、フラットな乗り心地やステアリングフィールが従来モデルよりも向上した。

ボディ各所に施した振動騒音対策と相まって、より上質でパフォーマンスの高い走りを実現している。

また、ロングドライブの際にもドライバーの疲労を軽減してくれるアイサイトの新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」をはじめ、後退時自動ブレーキシステムやステアリング連動ヘッドランプ、フロントビューモニターを全車標準装備。走りだけでなく、安全性能も飛躍的に向上させた。

エクステリアは、LEDヘッドランプやフロントグリル、フロントバンパーのデザインを刷新し、フロントフォグランプにはLEDを採用。ホイールのデザインもより力強いデザインへと変更し、WRXらしいパワフルでシャープな走りを感じさせるスタイリングを実現している。

インテリアは、インパネやセンターコンソール、センターパネルをはじめとする各種パネルをより質感の高いものに変更。8インチのナビゲーションにも対応した仕様とし、ビルトインナビのデザインも一新した。

また、これまでもインパネ中央上部に搭載されていたマルチファンクションディスプレイを4.3インチから5.9インチに変更し、より高精細で見やすい車両情報表示とした。

最終更新:7/3(月) 12:01
オートックワン