ここから本文です

欲しすぎる! バッテリー内蔵のジョイコングリップ「Power Plate」

7/3(月) 8:10配信

ギズモード・ジャパン

おお、これは絶対に便利!

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)のコントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」はバッテリーを内蔵しているわけですが、長時間のプレイの際には若干不安も(20時間は持ちますが…)。そんなとき、bionikが発表したバッテリー内蔵グリップ「Power Plate」が超絶役に立ちそうです!

【画像】欲しすぎる! バッテリー内蔵のジョイコングリップ「Power Plate」

スイッチ本体にジョイコンを装着するのと同じように、挟み込むようにして利用します。内部には4,500mAhのバッテリーと、本体上半分にスクリーンを搭載。スクリーンでは現在どのデバイスが充電されているかが表示されます。

充電能力としては、満充電状態で両方のジョイコンを3回ずつ充電することが可能。ニンテンドースイッチ本体をドックに接続して、ソファーでジョイコンを握ってプレイするスタイルにぴったりでしょう。さらにUSB Type-Cケーブルを利用すれば、ニンテンドースイッチを充電することも可能(満充電状態でスイッチを1回充電)。こりゃ実に便利です。

Power Plateの価格は50ドル(約5,600円)で、近日リリース予定。同社の製品はアメリカ国外への出荷には対応していないのですが、ぜひこの製品が日本に輸入されることを期待したいですね!

Image: bionik
Source: bionik
Reference: Nintendo

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文]
(塚本直樹)