ここから本文です

あなたの近所にも? 目撃! 隣の中高年「ブチ切れ」エピソード

7/3(月) 12:30配信

TOKYO FM+

駅やコンビニ、お店などで怒っている中高年、最近、目立ちませんか? 最近は、公共の場所でも「そんなことでキレる!?」という暴走中高年のニュースをよく耳にします。TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」の6月28日の生放送では、パーソナリティをつとめる、たかみなが、「目撃! 隣の中高年『ブチ切れ』エピソード」に寄せられたメッセージに答えてくれました。

最近の暴走中高年は、若者以上に危険です。とにかくキレやすい。ナイフみたいに尖ってまわりを傷つけるのは、ひと昔前の思春期のヤングの話だけじゃありません。ミドルですよ、ミドル。“中高年ナメてんのか、この野郎!”と、今も外から罵声が聞こえてきましたよ(ガクブル)。

まず、たかみなが気になったのが、こちらのエピソード。

「居酒屋にいた隣の席の60代ぐらいのおじさんグループ。仲間のひとりが飲みすぎたようで、側にいた若い店員さんに『おい、すぐにツメシボ持ってこい!!』と、いきなり怒り口調。『あの、ツメシボってなんでしょうか……』『今の若いもんはツメシボも知らんのか!!』と今度は逆ギレ。ツメシボ=冷たいおしぼり、らしく……。今の若者は知らないし、なぜ、いちいち上からものを言うのか、全く理解できません」(20代・男性)

たかみなは「ツメシボ!? 私も聞いたことないですね。これ、私が言われたら、メニューかなと思って一瞬隠れちゃう。ツメシボ……あの、本日のメニューでしょうか?みたいな(笑)。冷たいおしぼりって、これはわからないですよね」と、完全にお手上げ状態に。てか、自分もアラフィフだけどそんな言葉聞いたことないよ! それ、一部の隠語じゃないの?

「コンビニで買い物をしていたら、いきなり店内に50代ぐらいの男性の怒声が。『無視してんのか!』と大声で叫ぶスーツ姿のおじさん。陳列作業から慌ててレジに戻った若い店員は、きょとんとした顔をしていました。どうやら、おじさんがレジのカウンターを指で叩いて合図をしていたらしいのですが、それに店員が気づかなかった模様。指じゃなく、最初から口で言いなさいよ、口で」(30代・女性)

「100円ショップで働いているんですが、ほしい商品の場所が見当たらないと、毎回、顔を真っ赤にして怒るオジサンがいます。こちらが商品の棚に案内しても、『こんなところに置かれても、わかるか!』と、お礼も言わない。最低ですよね」(20代・女性)

ありますね~、マイルールを押し付ける中高年。自分のルールが世界で通用すると勘違いしちゃってるんでしょうか。本当に迷惑です。

「この前、電車が大幅に遅延したときに、駅のホームで駅員さんにつかみかかっているおじさんを見ました。駅員さんに詰め寄っても、どうしょうもできないじゃん。確かに電車が遅れるのは困るけど、いい大人なのに常識がなさ過ぎ」(20代・男性)

確かに、待てない中高年も問題ですよね。足踏みしたり、貧乏ゆすりしたり、イラつきアピールしてる中高年はよく見かけます。通勤電車で座れなくて、前の席が空くのを待ってるのが露骨にわかる人とかもいるじゃないですか。ああ、みっともない……。

「自分の勤務している喫茶店は、以前はタバコが吸えたけど今は禁煙なんです。それを説明してるのに、『灰皿持って来い!』とお客さんに大声で命令されました。見た目は40代後半ぐらいのきちんとしたスーツの方なんですが……」(30代・男性)

そりゃまあ、昭和の時代はどこでも喫煙可能だったけど……。時代の流れに付いていけないんでしょうか。でもって、ますますイライラすると。

「セクハラという言葉がない時代の人だからなのか、旅館の仲居は触りまくってオッケーだと思ってる男性に腹が立ちます。この前も、お客様に食事を出そうとしたら、いきなりお尻を触られて、手を払ったら、『仕事だろ!』って逆ギレされて。仕事じゃありません」(50代・女性)

「コールセンターのクレーム対応をしていますが、理不尽なクレームを言ってくるのはほとんど中高年の男性です。恐喝系から文句垂れ流し系まで、とにかくしつこい。最終的には、『女は話にならないから上司を出せ!』ですよ。もう話にならない」(30代・女性)

このエピソードに、たかみなは、「これはツラい! 私、クレーム対応の人って本当にすごいなって思うんですよ。だから、女性だからといってこういう態度は、ちょっとひどいなと思うんですけども」とコメント。いやあ、女性を舐めてかかっている男尊女卑なビヘイヴァーも中高年男性ならでは……なんでしょうか。そんな前世紀の考え方が通用しないので、ますますキレてしまうのかも。

とはいえ、中高年女性のブチギレエピソードもけっこうあります。

「母親のムチャぶりってすごいですよ。うちは、某教育関係の留学専門の会社なんですが、専門外の国について電話で質問してきて、『うちはそちらはちょっと……』と丁重にお断りしているのに、『そんなの知らないわよ! うちの息子の将来がかかってるんだから』とイミフなことを言ってガチャ切り。疲れます……」(30代・女性)

「輸入食材を扱っている店で働いているのですが、近所のご婦人の威圧的な対応に困っています。セレブに人気の食材のことをいつも細かく聞いてくるので、その都度きちんと説明すると、『難しくてわけわからない! ちゃんと私にわかる言葉で説明してよ!』と、ヒステリー。どうすればいいんでしょうか」(40代・男性)

ひと昔前なら、中高年が怒鳴るといえば、若者を叱る「バカモ~ン」だったのに、波平さんみたいな立派な大人はどこに行ってしまったのでしょうか。若者に「バカモ~ン」されるとは情けなさすぎですよ! キレまくるパワーがまだあるなら、もっとマシなことに使ったらどうですか。頼みますよ!

(TOKYO FM「高橋みなみの『これから、何する?』」)

ガンガーラ田津美

最終更新:7/3(月) 12:30
TOKYO FM+