ここから本文です

スバル 新型レヴォーグにアイサイト・ツーリングアシスト搭載。マイナーチェンジを徹底解説!

7/3(月) 11:07配信

オートックワン

大人気のスバル レヴォーグが2017年7月3日にマイナーチェンジ!

2017年7月3日に、スバルがレヴォーグのマイナーチェンジを発表した。

スバルはクルマ好きの間で人気の高いメーカーだ。ダイハツ製のOEM車を除くと、全車が水平対向エンジンを搭載して、BRZ以外は4WD仕様が売れ筋になる。サスペンションは全車が4輪独立懸架を備え、走行安定性と乗り心地のバランスが全般的に優れている。

>>変更点、分かりますか?スバル新型レヴォーグ画像ギャラリー[撮りおろし198枚]

BRZを除く全車に緊急自動ブレーキを作動できるアイサイトを搭載したことも特徴だ。2個のカメラをセンサーとして使うから、歩行者や自転車も検知できる。

このような特徴を備えるスバル車の中でも、中心的な位置付けになるのがレヴォーグだ。レガシィが現行型になって海外指向を強め、ボディを大型化してツーリングワゴンを廃止したので、後継のミドルサイズワゴンにレヴォーグが用意された。適度なサイズのボディは混雑した街中でも扱いやすく、プラットフォームはインプレッサに比べて世代が古いものの、WRXに準じた造り込みによって走りの水準は高い。エンジンは水平対向4気筒の1.6リッターターボと2リッターターボを用意する。

ホイールベース(前輪と後輪の間隔)が2650mmで比較的長いため、後席の足元空間にも相応の余裕がある。内装の造りもていねいだから、4名で乗車して長距離を運転する時も快適だ。

レヴォーグは2014年4月に発表され、納車を伴う発売は6月であった。この時点では数少ない国内専売の3ナンバー車だったが、後に欧州でも発売されている。それでも欧州仕様のエンジンは1.6リッターターボだけで、2リッターターボは用意されない。今でも日本をメインに据えた商品といえるだろう。

このレヴォーグが2017年7月3日にマイナーチェンジを受けて新型になったので、概要を見ていきたい。

マイナーチェンジで新型レヴォーグの内装・外装デザインはどこが変更された!?

マイナーチェンジとあってデザインにも手が入れられた。

外装デザインの変更点は、フロントまわりではLEDのヘッドランプとフォグランプ、グリル、バンパーなど。また、18インチアルミホイールも造形を刷新した。ボディカラーではストームグレーメタリックを追加した全8色。

内装では5.9インチのTFT液晶パネルを使ったマルチファンクションディスプレイ、新型8インチのビルトインナビなどを採用して、ファブリックシート生地の仕様にも本革シートと同様のシートヒーターを加えた。

後席には簡単に背もたれを前方に倒せるワンタッチフォールディング機能を採用。分割可倒の比率も、従来の40:60%から、40:20:40%に変更された。中央部分だけを倒すと、2名が乗車して長い荷物も積みやすい。

インパネの質感も高められ、機能と見栄えの両方を向上させた。

1/4ページ

最終更新:7/3(月) 11:07
オートックワン