ここから本文です

帯広で初ライブ ホワエク「ファンと共に成長」 地元出身山田さん凱旋

7/3(月) 14:41配信

十勝毎日新聞 電子版

 道内在住の6人組ダンス&ボーカルグループ「White Explosion」(ホワイト・エクスプロージョン、通称・ホワエク)が2日、帯広市内のMEGAドン・キホーテ西帯広店駐車場特設ステージでライブを行った。凱旋(がいせん)公演となった帯広市出身のメンバー山田恭平さん=札幌市在住=は「地元の応援はうれしかった。道外や世界に活躍の場を広げたい」と飛躍を誓った。

 大手レコード会社「エイベックス」に所属するホワエクは、道内在住の男性限定オーディションで結成。3月に活動を開始し、札幌以外でのライブは今回が初めて。

 この日は2回の公演で、会員限定の初CD曲「Start of World」や「エンドレスストーリー」など計9曲を披露した。山田さんは切れのあるダンスを見せ、表情豊かに歌声を響かせた。観客からは、手拍子や歓声が上がった。

 家族や友人らも会場に駆け付け、「緊張したが、良い経験になった。もっと成長し、再び帯広に戻ってきたときは今との違いも楽しみにしてほしい」と山田さん。将来の目標については、「ワンマンで大きなステージに立ち、活躍の場を道外や世界に広げたい」と語った。

 山田さんは帯広北栄小、帯広第一中、帯広工業高卒。高校卒業後に民間企業に就職し、働きながら音楽の道を志した。昨年のオーディションで全道約100人から、見事にメンバー6人に選ばれた。

 経営する帯広市内のボーカル教室で山田さんを指導した菅野真嘉さん(34)は「努力は人一倍していた」と振り返り、「恭平のレベルが上がり、大スターになる予感を感じた」と期待を膨らませていた。

 エイベックスによると、ホワエクは北海道を活動拠点に、「地域を元気にしながらファンと共に成長するグループ」を目指している。10月までに20本のライブが決まるなど、関係者の注目を集めている。(池谷智仁)

十勝毎日新聞