ここから本文です

【福岡】食中毒防げ 夏期食品一斉取り締まり

7/3(月) 15:35配信

九州朝日放送

九州朝日放送

夏に起きやすい食中毒の防止や、表示が正しく行われているかをチェックする食品の一斉取締まりが始まりました。
北九州市八幡東区のスーパーには、市の食品衛生監視員などが入り、惣菜や鮮魚コーナーを回りながら、適切な温度で管理されているか、賞味期限は切れていないかなどを調べました。
夏は食べ物が傷みやすく食中毒の事故などが多発します。
厚生労働省は毎年7月を「夏期一斉取り締まり期間」と定め、全国で、食品を販売・調理する施設などへの立ち入りや、食品の成分や表示規準が守られているかなどの調査が行われています。
北九州市内では去年、食中毒による被害が8件321人出ていて、市は一カ月長い、来月末まで約4000か所のスーパーやホテルなどで抜き打ち検査を行う予定です。

最終更新:7/3(月) 15:35
九州朝日放送