ここから本文です

豪華寝台列車「四季島」不具合で遅れ 磐越西線・喜多方駅

7/3(月) 10:47配信

福島民友新聞

 2日午前6時15分ごろ、喜多方市のJR磐越西線喜多方駅で、JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」が電気系統の不具合により約8時間、立ち往生した。
 JR東日本福島支店によると、喜多方駅から電気による走行に切り替えるためパンタグラフを上昇させた際、車両の電気機器が故障した。
 列車は修理後、喜多方駅を午後2時40分ごろ出発した。乗客17組32人にけがはない。同社が原因を調べている。

福島民友新聞

最終更新:7/3(月) 10:47
福島民友新聞