ここから本文です

“女子会”で魅力発信 県警が業務説明会、女性100人の採用を予定

7/3(月) 10:30配信

埼玉新聞

 女性に警察官の仕事を知ってもらおうと、埼玉県警は1日、さいたま市北区の県警察学校で、女性限定の業務説明会を開催した。警察官を目指す県内外の16~25歳の女性と保護者ら計77人が参加。フリートークでは、13部署の女性警察官計19人が各ブースに待機し、“女子会”さながらの雰囲気で警察の魅力を発信した。

 説明会では、施設見学、女性が働きやすい職場環境づくり、仕事と育児の両立体験の説明などを実施。最後のフリートークは捜査1課、鑑識課、子ども女性安全対策課、交通機動隊など各部署がブースを設置し、参加者が自由に集まって質問する形式で行われ、菓子や飲み物も用意された。

 東京都多摩市の大学3年生、根岸明佳さん(20)は「埼玉県警にいいイメージを持っていたので来た。生活安全部は女性が活躍できそうで魅力的」と笑顔。入間市の高校3年生、栗原朱里さん(17)は「女性ならではの話が聞けてとても参考になった」と話した。娘を心配して同行した母の順江さん(49)は「警察は厳しい、怖い、きつい仕事と思っていたが、人の役に立つのはいいことだと思った」と印象が変わった様子だった。

 県警は2018年度までに女性警察官の割合を10%へ引き上げる方針。今年度は過去最多を更新する100人の採用を予定しているという。

最終更新:7/3(月) 10:30
埼玉新聞