ここから本文です

FM史上最長! 放送開始50周年「JET STREAM」公開生放送を実施

7/3(月) 14:28配信

TOKYO FM+

TOKYO FMでは、FM史上最長を誇り、7月3日(月)に放送開始50周年を迎える番組「JET STREAM」に先駆けて、特別番組「JET STREM 50th Anniversary Special
~Invitation to DREAM FLIGHT~」の公開生放送を、7月2日(日)に六本木・TOKYO MIDTOWNで開催しました。

TOKYO MIDTOWNに特設されたステージ上に、番組のメインパーソナリティーである大沢たかおが登場。会場に集まったお客さんからの歓声に笑顔で答え、公開生放送がスタート。5代目パーソナリティーの“機長”としてナレーションを読み上げ、会場のお客さんやリスナーを「JET STREAM」の夢のフライトへいざないました。

初めに特別ゲストとして登場したのは、番組テーマ曲である「ミスター・ロンリー」のアレンジと演奏を15年担当しているチェリストの溝口肇さん。お馴染みの「世界の車窓から」(テレビ朝日系)のテーマ曲を、チェロの生演奏で披露し会場を温かい音色で包みました。

続いては、石井竜也さんが登場。JALのCMテーマソングでもある「浪漫飛行」を、アコースティックバージョンで披露。石井さんの圧倒的な歌唱力で、会場のお客さんを魅了しました。

「JET STREAM」について質問された石井さんは、「あまり緊張するタイプじゃないんですけど、『JET STREAM』50周年の特別番組に出られると聞いて、登場前から自分では珍しくすごく緊張していました。マイクを持って、こうして話している今でもまだ震えています」と、思いを語りました。

最後に登場したのは、今年4月からベルリンフィルハーモニーのメンバーとともに、番組テーマ曲「ミスター・ロンリー」を演奏しているヴァイオリニストの古澤巌さん。自身の曲である「めぐり逢い」を演奏後、「ミスター・ロンリー」を、古澤さんと溝口さんのコラボレーションで特別に披露し、会場のお客さんから歓声が沸き起こりました。

最後は、“機長”の大沢より「本日はご来場いただいた皆さまも、今、このラジオをお聴きいただいている皆様も、本当にありがとうございました。僕がちょうどパーソナリティーを務めて9年目になります。その前に41年の歴史がある中で、今のこの番組があります。これからもフライトはまだまだ続きますのでご搭乗お願いします」とメッセージを贈りました。

7月3日(月)23時からは、50週年を記念した特別番組「JET STREAM-50th Anniversary Special-』」を放送します。

(TOKYO FM「JET STREAM」2017年7月2日放送より)

最終更新:7/3(月) 14:31
TOKYO FM+